アイデアクラウド SDGs宣言 iDEACLOUD SDGs 達成に向けた取り組み

  • SDGsとは?

    SDGs(Sustainable Development Goals=「持続可能な開発目標」)は、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年の9月に「貧困に終止符を打ち、持続可能な未来を追求する」ことを掲げて、国連サミットで採択された2016年から2030年までに全世界で取り組む国際目標であり、SDGsは世界中の企業、政府、地域社会に対し広く協力を求め、人類と地球の繁栄の実現をめざす具体的な行動計画です。

    持続可能な世界を実現、世界を変えるための17のゴールと、より具体的な169のターゲットを設け、「地球上の誰一人として取り残されない(leave no one behind)」ことを目指していき、持続可能な世界を実現することを目指しています。

    SDGsは世界的にその重要性が認識され、日本でも多くの企業が目標に取り入れ、積極的な推進が期待されています。

    JAPAN SDGs Action Platform | 外務省

  • SDGsと愛知県

    アイデアクラウドの本社がある愛知県は「SDGs未来都市」に選定されており、SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)の理念に沿った基本的・総合的取組を推進しようとする都市・地域の中から、特に、経済・社会・環境の三側面における新しい価値創出を通して持続可能な開発を実現するポテンシャルが高い都市として選定されています。

    愛知県が「SDGs未来都市」に選定されました - 愛知県

  • SDGsとアイデアクラウド

    アイデアクラウドについては、国内の広告・WEB・システム開発を始め、最先端のXR(AR/VR/MR)やVTuber・AI /人工知能などを事業として行っております。
    アイデアクラウドの規模から、まずは事業をしっかりと取り組み、その延長上にSDGs達成のためのゴールを重ねることで、より社会や経済などへの発展に貢献できると考えております。

    アイデアクラウドの根幹にある、先端技術の開発は世界を押し広げていくことであり、テクノロジーの発展や広がりは、必ずSDGs(Sustainable Development Goals‐持続可能な開発目標)の実現に重なるはずと考え、SDGsが対象としている社会課題の解決に積極的に取り組んで参ります。

  • SDGs達成に向けて重点取組項目

    「技術革新を推し進め、テクノロジーの裾野を広げ、すべての人が豊かに暮らせる社会を目指す」、「テクノロジー開発・クリエイティブに関わる全ての人々が働きがいがある仕組みの構築」と2つの目標とそれに付帯するいくつかの目標を重点取組事項として定めつつ、最終的にはSDGsの17のゴールに向けて取り組んでまいります。

技術革新を推し進め、テクノロジーの裾野を広げ、すべての人が豊かに暮らせる社会を目指す
テクノロジー開発・クリエイティブに関わる全ての人々が働きがいがある仕組みの構築
  • アイデアクラウドがSDGsを取り組む理由

    アイデアクラウドでは、CSR部門などは無く、制作・開発にひたすら注力して参りました。
    今回世界的なSDGsという取り組みを知り、小さな制作・開発会社ができる事はないのか?と考えた結果、
    事業や働き方を通じた社会貢献の形もあると知りました。
    大企業だけでは無く、小さな企業もSDGsのゴール達成の僅かな一助となると考え、
    私たちは、重点課題を中心に、SDGsに取り組みつつ、新しい価値を創出し、
    この社会をより良くなることを願い、日々努力を重ねて参ります。

トップへ戻る