オンライン・バーチャル展示会サービス「DX EXhibition」。リアル展示会のブースやショールームをまるごとバーチャルに変換する「DX EXhibition ARCHIVE」を販売開始。

AI・AR・VR・VTuberなどの先端技術事業を手がける株式会社アイデアクラウド(愛知県名古屋市、 代表取締役 田中 義弘/以下「アイデアクラウド」)は、リアル展示会ブース・ショールームをまるごとバーチャル展示会やショールームに変換する「DX EXhibition ARCHIVE」を2020年8月7日(金)に提供・販売を開始いたしました。

DX EXhibition ARCHIVEサービスページ
https://dx-exhibition.com/archive.html

公式サイト
https://dx-exhibition.com/

展示会のブースは使い捨て、その常識を打ち破ります。展示会・ショールームのハイブリット対応も簡単に

DX EXhibition ARCHIVEでは、VRやARの技術を利用し、リアルな場所・展示会からバーチャル展示会・バーチャルショールームを作り上げるパッケージです。
リアルな展示会場やショールームを360撮影 or スキャンでいつでもアクセスできるバーチャル展示会場へ変換し、更に、移動の規制で展示会やショールームに訪問できない顧客へのサービスとして展開。ハイブリット型へ転換します。デモサイトは近日公開予定となっており、追って公式サイト・プレスリリースなどでご案内いたします。

【DX Exhibition ARCHIVEの利点】
・リアルな展示会にかけた費用を無駄なく活用できる。
・バーチャルなので、次の展示会まで活用できる
・選べる撮影方法で予算に応じて展開できる
・写真は入稿でも対応するため、費用を抑えることもできる
・パッケージ化しているため、撮影から公開までが素早く提供
・展示会だけでなく、ショールーム・施設や工場見学でも活用できる
・DX Exhibitionのその他サービスと連携可能
・ワイプ映像をプラスして+エンターテイメント感も演出

一般的な360度ビューワーでは無く+エンターテイメントも

オプションで360度カメラで撮影したリアル展示会ブース・ショールームなどに、ワイプ映像を配置可能。VTuberやタレントなどを活用することで、単純に見て回る情報サイト・写真ビューワーでは無く、楽しみながら閲覧できるコンテンツとして活用いただけます。

一般的な360ビューワーと異なり、右下のワイプで案内動画を再生しながら閲覧することが可能に

リアルな展示会をバーチャルで開催できる「DX EXhibition」について

DX EXhibitionは、リアルな展示会のメリットはそのままに、オンラインで再現するバーチャル展示会ソリューションです。集客・会場・ブースといった展示会を構成する要素やメリットを損なわず再現します。
「集客」「会場」「ブース」という展示会場を構成する要素をトータルでサポート。ダイレクトメール・WEB広告・SNS広告を駆使し集客、業界の専門メディアと連携したオンラインブース設計・オンライン予約システム、商品をオンラインでより魅力的に見える展示方法など、DX EXhibitionならゼロからオンラインで展示会をスムーズに実施できるトータルなサポートが可能です。またトータルな活用だけでなく、集客部分のみ、オンライン展示のみなど、ご予算とご希望に沿ったプランニングも可能です。

DX EXhibition公式サイト
https://dx-exhibition.com/

【本プレスリリースのお問い合わせ先】
株式会社アイデアクラウド
名古屋本社
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19 キリックス丸の内ビル5F
https://ideacloud.co.jp/
TEL:052-253-9866(平日10:00~18:00)
担当:田中・新部

東京事業所
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-21-2 大手町モダンビルディング4F
http://ideacloud.tokyo
TEL:03-3525-8640(平日10:00~18:00)
担当:中田・羽根田

※本リリースに記載の商標は各社の商標となります。
※プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先など、その他の情報は、発表時点の情報となり、その後予告なしに変更となる場合があります。予めご了承ください。

トップへ戻る