GoogleのAR技術Tangoに対応したARゲーム「AR POIPOI」を公開。AR・MRの分野の開発を本格的にスタート。

ar_000

VR(バーチャルリアリティ)/MR(複合現実)事業を手がける株式会社アイデアクラウドは、2017年2月にGoogleのAR技術Tangoに対応したARゲーム「AR POIPOI(エーアール ポイポイ)」をGoogle Playストアに公開。今後、AR技術Tangoを利用し、革新的なARの活用方法を企画し、BtoC・BtoB関わらず、様々なアプリケーションを開発を行ってまいります。

■AR POIPOIについて
GoogleのAR技術Tangoによって床面を計測、深度センサーを活用して「深度認識」を行い空間の位置と角度を計測し、床となる場所かどうかを判定してゴミ箱を設置できます。
カメラからの映像とCGを重ね合わせ、現実世界に下層のゴミ箱を設置し、スワイプで紙くずを投擲、30秒でどれだけの紙くずのをゴミ箱に入れることができたかでスコアを競うARゲームです。

AR POIPOI Google Playへ

AR POIPOI

■AR POIPOIプレイ動画

 
ar_001

■AR技術Tangoを利用した開発について
今後、ARゲーム開発を皮切りに、AR技術Tangoを利用し、革新的なARの活用方法を企画し、今後、BtoC・BtoB関わらず、様々なアプリケーションを開発を行ってまいります。

【本プレスリリースのお問い合わせ先】
株式会社アイデアクラウド
愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19 キリックス丸の内ビル5F

東京事業所

TEL:052-253-9866(平日10:00~18:00)
担当:田中

※本リリースに記載の商標は各社の商標となります。
※プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先など、その他の情報は、発表時点の情報となり、その後予告なしに変更となる場合があります。予めご了承ください。

トップへ戻る