プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

【Android Studio】Webviewを使った簡単なアプリ作成!〜戻るボタン編〜

2014.09.25 木曜日 07:38:38

PPG_ameninuretamomiji_02

前回の「【Android Studio】Webviewを使った簡単なアプリ作成!〜後編〜」では、
Viewportの反映、タイトルバーの削除などを行って実用的なレイアウトに調整しました。

これでかなり純正のブラウザ等に近い表示になってきたと思います。
今回は戻るボタンの設定、画面回転の調整など、端末側の動き調整を行っていきます。

Backキーを戻るボタンにする

デフォルトでは端末のBackキーを押すと、ホーム画面に戻るようになっています。
これを純正ブラウザ、Chrome等と同じように、1つ前のページへ戻れるボタンに変更します。

まず、MainActivity.javaでKeyEventのインポートを行います。

インポート後、MainActivity.javaへ以下のように追記しました。
webView1は、activity_main.xmlで指定したWebviewのIDです。
適宜変更をしてください。

これで端末のBackボタンがブラウザの戻るボタンと同じ動きになります!

画面回転について

続いて、画面回転の調整です。今回は、縦に固定されるようにしました。
androidmanifest.xmlのactivity部分へ追記を行います。

これで縦画面で固定されるようになります!
ちなみに、横画面固定は(Webviewではあまり無いと思いますが)

でOKです!
実際のactivityの記述は、以下のようになりました。

これで端末側の動きも、より実用的になりました!
AndroidはiOSと比べると、こういった機能の実装が
短い記述で済ませられるように感じます。
Java+XMLだとJavascript+HTMLのような感覚でコードが書けるというのも
理由としてあるかもしれませんね。

Category:Android , Development     Tag:
Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project