プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

「Transmit」に登録してあるシリアル番号がわからない!

2014.08.15 金曜日 08:35:32

OHT86_bokusourolltoaozora_02

社内では、FTPソフトに「Transmit」を使用しています。

Transmitは購入するとシリアル番号が発行されるので、
アプリ起動後にそれを入力する必要があります。

別のMacにTransmitを移行する際も、シリアル番号を入力し直す必要がありますが、
入社当時からすでにインストールされており、自分のシリアルがわからない状態でした。
もちろんそんな昔のシリアル、社内の誰も覚えているはずもなく…

公式サイトでシリアルIDを調べてみましたが…

スクリーンショット 2014-08-15 8.14.17

パニックのサポートページでメールアドレスを入力すると、
購入したシリアルIDを教えてもらうことが出来ますが、
同じメールアドレスで複数購入していた為、複数のシリアルが表示されてしまい、
結局自分が使っているシリアルが判明しないままでした…

困り果てた結果、パニックのサポートセンターに問い合わせてみることに。

メールを送ってみました!

メールを送ると、次の日すぐに返信が!非常に素早い対応に驚きです!
サポートの担当者様のお話によると

~/Library/Preferences/com.panic.Transmit.plist
‘SerialNumber’ もしくは ‘SerialNumber2’ という項目欄にございます。
Xcode.app もしくはテキストエディタで開いてください。

とのこと。
com.panic.Transmit.plistファイルをXcodeで開くと、
以下のように項目名と値の一覧が表示されますので、その中から
「SerialNumber」または「SerialNumber2」に入力されている値を
確認すればOKというわけです!

スクリーンショット 2014-08-15 8.20.10

SerialNumberの値をコピペし、新しいMacのTransmitへ入力すると、
無事起動してくれました!

お気に入りを移行

Transmitはお気に入りをまとめて書き出して、別のTransmitで読み込ませることが可能ですが、
そのまま移行を行うと、全てのお気に入りのパスワードが未入力の状態で移行されます。
新しいTransmitでは全てパスワードをもう一度入力する必要が出てきます。
これでは非常に手間ですね。

これについての解決法も担当者様に聞いてみたところ、また次の日にはお返事を頂くことができました。
担当者様によると、

パスワードはAppleの指導に沿い OS X に搭載のキーチェーンアクセス.appにて管理されているため
別のMacに移行、ご利用の際は都度ご入力いただくか、iCloud によるキーチェーンの同期を利用したり
キーチェーンアクセス.app の設定と共に移行されることをお試しください。

とのことでした!なるほど、キーチェーンを同期しなければならないのですね。
おかげ様で無事解決しました。担当者様の親切丁寧なご対応に感謝します!

Category:Macアプリ , Tools     Tag:
Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project