プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

はじめてのカメラアプリ vol.12 スタンプ編 テキストを入力して画像の上に配置

2013.12.15 日曜日 09:58:05

HIGA62_notepen500_02

画像の上のオブジェクトも、ある程度コントロール出来るようになってきましたので、
今回は自分でテキスト入力をしたものを、画像の上に設置させるための方法について調べました。

落書き – 写真に文字を書き込む
こちらのサイトに、非常にわかりやすいサンプルが掲載されていましたので、これを元に組んでいきました。

QuartzCore.frameworkをインポート

QuartzCore.frameworkをフレームワークに追加し、
ViewController.mにインポートします。

@interfaceにUILabelを記述

#inportの後に、以下を記述します。

ViewController側の@interface記述

@interface ViewControllerには以下を参考に記述を行います。

テキスト入力ラベルを生成

ラベル生成部分です。UIPanGestureRecognizerで、パン操作に対応させます。

テキスト入力機能の記述

テキストフィールド設定部分です。

テキストフィールド表示ボタンの設定

今回は、ボタンを押すとテキストフィールドが表示されるようにしましたので
ここでボタン操作のイベントを設定します。

保存ボタン

フォトライブラリに保存する部分です。

これで写真に文字入力も出来るようになりました!
少しカメラアプリらしい機能が揃ってきた気がします。
まだまだ欲しい機能は沢山ありますが。。。

今回のサンプルはこちらのサイトを参考にしました。ありがとうございました。
落書き – 写真に文字を書き込む

Category:Development , Project , Xcode , はじめてのカメラアプリ     Tag:
Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project