プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

Chromeの使っていないタブのメモリを開放してくれる「TabMemFree」

2014.07.22 火曜日 08:02:04

PAK15_notepenhikkiyougu20140312_02

Chromeは軽いから!といって、新しいタブをバンバン開いていってしまっている方(自分)は要注意です!
Macが重くなってしまうのにはChromeのタブが原因の一つかもしれません。

Chromeはタブを一つ開く度に「Google Chrome Helper」を起動させ、
タブごとで別々に処理を行うことにより、あのスピードを実現しているからなのです。

開きっぱなしのタブだらけになってしまう貴方(私)は
拡張機能「TabMemFree」を使ってみると良いかもしれません。

TabMemFreeの設定方法

私のMacは、いつものようにタブを沢山開いた状態で、
アクティビティモニタを確認すると、こんな状態になっていました。

スクリーンショット 2014-07-22 7.16.47

プロセスの半分くらいは「Google Chrome Helper」です…
これが全てメモリを消費しだすと、重くなってしまうわけですね。

それではまず、「TabMemFree」をChrome ウェブストアからインストールします。

スクリーンショット 2014-07-22 7.14.11

Chromeにアイコンが追加されたら起動開始ですが、
「オプション」から一度設定を確認しておきます。

スクリーンショット 2014-07-22 7.35.07

「Tab Timeout」の時間を短くしておくことで
アクティブでないタブのメモリを素早く開放してくれます。

スクリーンショット 2014-07-22 7.15.51

しばらく起動させておくとこんな感じになりました!
「Google Chrome Helper」の数はもちろん変わらないのですが、
CPU占有率が抑えられているようです。

スクリーンショット 2014-07-22 7.34.20

これなら見ていないタブがメモリを圧迫することも防げそうですね!
後から見たいので、閉じたくないタブが複数ある場合などにも良さそうです!

Category:Chrome拡張 , Tools     Tag:
Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project