プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

iPhoneのスクショからステータスバーを消してくれるMacアプリ「Status Barred」

2014.09.06 土曜日 12:15:02

unsplash_525f012329589_1_01

iPhoneの画面をブログ等で使用する場合、スクリーンショットをそのまま撮影すると、
ステータスバー(バッテリー残量等の表示部分)も画像に入ってしまうと思います。

その部分を切り取りたい為に、Photoshop等を起動させて
トリミングするのも、結構手間に感じるのではないでしょうか。

そんなとき「Status Barred」を使えば、あっという間に
スクリーンショットからステータスバーのみを削除してくれます。

Status Barredの使い方

スクリーンショット 2014-09-06 11.49.42

Status Barred」はAppStoreからインストールが可能です。
使い方は非常に簡単でした。
起動させると、ウィンドウが立ち上がります。

スクリーンショット 2014-09-06 11.10.29

ここに、画像をドラッグ&ドロップするだけで、あっという間に
ステータスバーの切り取られた画像が出来上がります!

使用前
20140906110957 2

使用後
20140906110957 2_cropped

最終アップデートが2012年と少し前ですが、
今回iPhone5+iOS7で検証を行ったところ、問題なく動作していた様です。

ただひとつ注意点は、おそらく画像サイズを取得してトリミングを行っているので
サイズが変わってしまっているとエラーが出て、トリミングが行えません。
640 × 1136の画像であれば、ちゃんとトリミングされていました!

アプリ自体の起動が素早いので、ブログ等でスクリーンショットを
よく使用するかたにとっては重宝するかもしれませんね!

Category:Macアプリ , Tools     Tag:
Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project