プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

【Android Studio】JDKのバージョンが合わない場合の対処法!

2014.08.27 水曜日 08:10:21

MIYAKO92_higashiheian20140726_02

先日、Andrid Studioを普段の業務に使っているiMacにインストールしたのですが、

Error:compileSdkVersion android-L requires compiling with JDK 7
Open SDK Settings Open File

というエラーが出て、ビルドが出来ませんでした。

調べてみると、どうやら最新のAndroid-LのコンパイルにJDKの7が必要ということで、
新しいJavaをインストールしようと試みました。

最初のAPIレベル設定でAndroid-Lは外したのですが…
これからデフォルトで必要になってくるということでしょうか。

Java SEの7をインストール

現在、最新のJava SEのバージョンは8ですが、エラーが「JDK 7」と出ていたので
もし8が非対応だったら面倒なことになりそうだと思い、急いでいたのもあって
確実性の高そうな7をインストールすることにしました。

今回はOracleのダウンロードサイトから、
「Mac OS X x64」の「jdk-7u67-macosx-x64.dmg」を選択しました。
展開後はインストーラにお任せ。

スクリーンショット 2014-08-27 7.25.46

Javaをインストール後、Android Studio側JDKのパスを変更します。
ここで、新しくインストールされたバージョン7のディレクトリが
なかなか見つからず、大ハマリしました。

今回参考にさせて頂いたこちらの記事によると、
MacにプリインストールされているJava 6と、後からインストールしたJavaは
別のディレクトリへインストールされるようで(アップデートされるわけではない)
以下のようになるということでした。

Macにプリインストールされているもののディレクトリ
/System/Library/Java/JavaVirtualMachines/

Oracleのサイトからダウンロードした場合のディレクトリ
/Library/Java/JavaVirtualMachines/

ユーザー別にインストールした場合などはこのようになる場合もあるようです。
/Users/$USER/Library/Java/JavaVirtualMachines

Android StudioのJDKのディレクトリを変更

Android StudioのJDKのディレクトリは、
File→Project Structureを開き、以下の画面から変更できます。
おそらく、このように変更することになると思います。
/Library/Java/JavaVirtualMachines/(JDKのバージョンによって変わります).jdk/Contents/Home

スクリーンショット 2014-08-27 7.58.28

Android系のIDEはXcodeに比べると、
手動で更新が必要な部分が色々と多い気がしますね…

Category:Android , Development     Tag:
Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project