プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

【Android Studio】Genymotionのエミュレータ内を日本語化!

2014.05.31 土曜日 11:14:48

a1180_013360_m_02

これまで色々なツールの日本語化の方法をご紹介してきました。
やはり英語が得意でない人間にとっては、少しでも日本語になっていたほうが、情報を取り入れ易いと思います。

そこで、今回はGenymotionで作成したデバイス内を日本語化していく方法をご紹介します。

デバイスの日本語化手順

まず、Androidデバイスの設定(歯車アイコンの「Setting」)を開きます。
以下の画面が表示されたら「Language & input」を選択。

スクリーンショット 2014-05-31 10.28.51

一番下に「日本語」を発見しました!選択します。

スクリーンショット 2014-05-31 10.29.20

これでデバイス内が日本語になりました!

スクリーンショット 2014-05-31 10.30.19

デバイス内で日本語入力を可能にする

現状では、半角英数字しか入力できませんので、続いて日本語入力の設定を行います。
設定→言語と入力を選択します(日本語化前に「Language & input」だった部分です)。
下のように「キーボードと入力方法」の「Japanese IME 日本語」にチェックを入れます。

スクリーンショット 2014-05-31 10.29.35

「キーボードと入力方法」のすぐ下の「デフォルト」を選択すると、下の画面が表示されますので
「ハードウェア 物理キーボード」をOFFにしておきます。
ここをOFFにしておくと、入力時に実際のAndroid同様、画面内にキーボードが表示されるようになります。

スクリーンショット 2014-05-31 10.43.20

実際に入力してみると、ちゃんとキーボードが表示されます!

スクリーンショット 2014-05-31 11.10.03

半角英数字が入力したい場合、Mac側のキーボードの「英数」「かな」を押しても切り替わらなかったので
画面左下の「文字」から入力切替を行いました。

どこかで設定できるのでしょうかね…調査を続けます!

Category:Android , Development , Mac     Tag:
Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project