プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

【Android Studio】Genymotionのエミュレータ内にGoogle Playをインストール!

2014.06.01 日曜日 09:50:07

468f8a7a4bb6f20bfdfbdbeaf7556a15_m_01

前回、Genymotionのエミュレータ内を日本語化の方法を紹介しました。
どんどん実機に近づいていくエミュレータですが、さすがにアプリをエミュレータからDLするなんてことは出来ないだろうな…
なんて思ってたらどうやらGenymotionのver1.xではGoogle Playがプリインストールされていたらしいです!

現在Genymotionは2.2.0を使っているのですが、調査を進めるとどうやら2.xでもGoogle Playをインストール出来るようで
今回はその方法について調べました。
※バージョンの相性が悪いとエミュレータが動かなくなったりすることもあるようです。
インストールは自己責任でお願いします!

Google Playインストール手順

今回、Genymotionはインストールされているという前提で進めていきます。
インストール方法の記事はこちらを参考にどうぞ!

【Android Studio】Intel製エミュレータよりも速いと噂の「Genymotion」をインストール(前編)
【Android Studio】Intel製エミュレータよりも速いと噂の「Genymotion」をインストール(後編)
【Android Studio】Intel製エミュレータよりも速いと噂の「Genymotion」をインストール(プラグイン編)

まず、インストールを行いたいエミュレータを起動させます。
今回はNexus4(Androidのバージョンは4.3)を選択しました。

スクリーンショット 2014-06-01 9.34.30

以下のサイトからインストーラ「ARM Translation_v1.1」をダウンロードします。

[GUIDE] Genymotion | Installing ARM Translation and GApps[Updated Nov.16] – xda-developers

ダウンロードしたファイル「Genymotion-ARM-Translation_v1.1.zip」をzipファイルのまま、
先ほど起動させたエミュレータへドラッグ&ドロップします。
下のようなダイアログが表示されたら「OK」を選択し、エミュレータを一旦閉じて再起動させます。

スクリーンショット 2014-06-01 8.58.05

続いて、先ほどのサイトから、Androidのバージョンに合わせたファイルをダウンロードします。
今回のNexus4は4.3だったので「Google Apps for Android 4.3」をダウンロードしました。
(4.4はまだバグがあるかも?というような説明があったので、今回は4.3を使用しています)

ダウンロードしたファイル(今回は「gapps-jb-20130813-signed.zip」です)をこちらもzipのまま
エミュレータへドラッグ&ドロップします。同じようなダイアログが出たら「OK」を選択。

何度かエミュレータ内でエラーが出たりしますが、そのまま進め、インストール完了後に再起動を行うと無事に立ち上がりました!
エミュレータのアプリ一覧を確認すると…

スクリーンショット 2014-06-01 9.01.50

Google Playがインストールされています!エミュレータが更に実機に近付きましたね!

今回参考にさせて頂いたサイトはこちらです。ありがとうございました!
Category:Android , Development , Mac     Tag:
Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project

詳しく見る