プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

【Xcode】 Objective-Cの文字列の操作について

2014.02.03 月曜日 09:16:35

PPW_notenikakikomu500_02

Objective-Cで文字列を比較して、ifで分岐させようと思ったのですが

if(hensu1 == @”日本語文字列が入ります”){
//処理~
}

単純にJavascriptのノリで、イコールでつなげて比較してみたところ、通りませんでした…
言語が変わると、普段なら簡単に済ませられる処理が全く思い通りに動かなかったりして、もどかしいですね。

ということで今更なのですが、今回はObjective-Cでの文字列の操作について調べました。

文字列操作の記述方法

文字列の比較にはisEqualToStringというものを使うそうです。

文字列の数を数える場合は、lengthを使って以下のように記述します。
置き換えの場合、stringByReplacingOccurrencesOfStringが置き換えたい部分、withStringに変更させたい文字を配置します。
両方とも日本語でもちゃんと処理をしてくれるようです。

今回は以上です!
勝手に自分の使いたい物だけピックアップしましたが、他にも便利な処理があるようですので、調べてみるのも良いと思います。

今回参考にさせて頂いたサイトはこちらです。ありがとうございました!
Objective-Cの文字列 - @blog.justoneplanet.info

Category:Development , Xcode     Tag:
Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project