プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

Macのディスプレイ解像度がメニューバーから操作出来るアプリ「Display Menu」

2014.10.01 水曜日 08:19:57

IbJK5etSN6dH6jAF4U0U_DSC_0280-1_02

Macのディスプレイ解像度を変更する場合、通常であれば、
システム環境設定→ディスプレイ の項目から、解像度を選択する必要があります。

しかし、「Display Menu」を使えば、メニューバーからワンクリックで
解像度を一覧から選択することができるようになります。

Display Menu

スクリーンショット 2014-10-01 7.49.23

Display MenuはMac App Storeからインストールが可能です。

アプリを起動させるとメニューバーにディスプレイのアイコンが表示されます。
クリックするとディスプレイサイズの一覧が表示されますので、
ここから一発で解像度の変更が可能になります!

スクリーンショット 2014-10-01 8.04.00

Retinaに対応させたい!

通常であればRetinaディスプレイは非対応なのですが、
アイコンをクリックした中の「Upgrade to Display Menu Pro…」から
プロ版(200円)へアップグレードすることにより、
Retinaの解像度へも一発切り替えが出来るようになります!

スクリーンショット 2014-10-01 8.07.46

外部ディスプレイやプロジェクターに接続して、解像度の調整が必要な場合も
これであればパッと手軽に出来そうですね。

ちょっと便利な使い方が、こちらのサイトに掲載されていました。
RetinaディスプレイのMacBookであれば、2,880×1,800のような解像度も
表示させることが可能なため、ディプレイを倍のサイズで使ったりということも出来るそうです!
ただ、文字がかなり小さくなるようですが…

Category:Macアプリ , Tools     Tag:
Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project