プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

Androidのスクリーンショットのステータスバーをスッキリ見せるアプリ「Clean Status Bar 」

2014.10.11 土曜日 20:37:10

smartphone-439600_1280_02

先日、iPhoneのスクリーンショットのステータスバーをトリミングするMacアプリ
Status Barred」をご紹介しました。

今回、Android側でも処理をしたいと思っていたところ、こちらの記事で紹介されていた
Androidアプリが良さそうなので使ってみました。
このアプリは、Android端末で擬似的なステータスバーを被せてから
スクリーンショット作成を行うことで、通知やアラームのアイコンなどのごちゃごちゃを
隠すことが出来るというツールです。

Clean Status Barを使ってみました!

スクリーンショット 2014-10-11 20.06.42

Clean Status Barのページはこちら。バージョン対応は4.0.3 以上のようです。
アプリを起動させて、まずステータスバーのデザイン設定を行います。
OSのバージョン、Wi-fiアイコンの有無、表示される時間、背景色等が選択できるようです。

Screenshot_2014-10-11-19-51-49

背景色は7色から選択出来ますが、もし該当カラーがない場合でも
16進数から指定も行えるのでどんなアプリでも対応出来そうです。

Screenshot_2014-10-11-19-57-03

設定したら右上のON・OFFを切り替えると反映されます!
12時ピッタリ、電波もバッチリ!

Screenshot_2014-10-11-19-43-05

まあ使用前はこんな感じでしたが…

Screenshot_2014-10-11-19-42-42

バッテリーもギリギリ、データもダウンロードしっぱなし、
目覚まし用アラーム、マナーモード等など、生活感丸出しですね…

一度設定しておけば、アプリを立ち上げてすぐにONOFFが切り替えられるので
これならブログに載せるスクリーンショットもスッキリ出来ますね。

Category:Tools , その他ツール     Tag:
Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project