プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

【Xcode】アプリ内のボタンに効果音を付ける!

2014.04.04 金曜日 06:38:57

PP_hokousyayou_02

Webサイトのボタンに効果音を付与するのは、アクセシビリティ上あまり好ましくないと考えられる場合もありますが、
ゲーム等のアプリであれば、それは演出の一つとして重要になってくるのではないでしょうか。

そこで、iOSアプリ内のボタンで音を鳴らしたいと思ったのですが、
これまでObjective-Cで音データを扱ったことがなかったので、今回はその方法について調べていくことにしました。

1.フレームワークを追加

まず、音データを扱うためのフレームワークをプロジェクトに追加します。

Xcodeのプロジェクトを開いた状態で、
左上のプロジェクト名→TARGETSの下のプロジェクト名→General
の順に選択して、画面を下までスクロールすると、「Linked Framework and Libraries」の画面に来ると思います。

スクリーンショット 2014-04-04 5.59.49

続いて、カバンのアイコンの下にある「+」をクリックすると以下のような画面になります。
そこで、今回追加するフレームワーク「AudioToolbox.framework」を選択します。

スクリーンショット 2014-04-04 5.59.49

「Linked Framework and Libraries」と左のframeworksフォルダ内にフレームワークが追加されました!

スクリーンショット 2014-04-04 6.08.57

2.効果音ファイルをアップロード

スクリーンショット 2014-04-04 6.10.44

画面左のフォルダ構造が表示されている部分で、右クリックし「New Group」を選択すると新しいフォルダが作成出来ます。
今回はフォルダ名を「Sound」としました。
続けて必要な効果音ファイルをフォルダへドラッグ&ドロップします。
以下のような画面になりましたら、一番上の項目にチェックをすると、元データをコピーしてプロジェクト内へアップロードできます。
今回アップしたデータは「btn_1.mp3」という名前にしました。

スクリーンショット 2014-04-04 6.15.33

3.記述方法

Viewcontroller.h内で、フレームワークをインポートします。

続いて、効果音のインスタンス宣言を行います。今回は、「sound_1」という名前で宣言しました。

宣言が出来ましたら、- (void)viewDidLoad内で、効果音ファイルを読み込みます。

最後に、効果音を鳴らしたい場所で以下のように記述を行います。
今回はボタンをタップした際に鳴るように記述、ボタン名は「soundBtn」と仮定しました。

以上で完了です!
やはりアプリですから、ボタンに音は付けたいですよね!

今回参考にさせて頂いたサイトはこちらです。ありがとうございました!
Category:Development , Mac , Xcode     Tag:
Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project