プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

【Xcode】Autosizingで画面サイズの違いに対応する!

2014.08.18 月曜日 07:50:25

N695_kuroittableniokaretaipad_02

iOSアプリ作成の際、iPhone5の画面だけを見てUIを配置していると、
iPhone4S、iPad等で確認したときに、とんでもない場所に
ボタンが配置されていました。

全部ifで分岐とか、そんなはずはないと思っていましたが、
Autosizingという設定があり、そこから合わせる必要があるようです。

Autosizingの調整方法

iPhone5のディスプレイできっちり合わせたボタン位置も、
iPad(非Retina)のシミュレータで確認すると、
ボタン下部が容赦なくはみ出た状態になっています…

スクリーンショット 2014-08-18 7.16.27

今回の場合、Auto Layoutをオンにして配置を行っていたので、
まずは、この機能をオフにしました。
「Use Auto Layout」のチェックを外すと、オフになります。

スクリーンショット 2014-08-18 7.23.29

続いて、Autosizingを調整します。
下のように、Viewのサイズ調整のインスペクターを開くと、
Autosizingの表示が出ています。

スクリーンショット 2014-08-18 7.32.57

おそらくデフォルトだと、左上からの位置に指定されていると思います。

スクリーンショット 2014-08-18 7.17.34

今回は、左下からの位置指定に変更しました。

スクリーンショット 2014-08-18 7.17.52

iPad(非Retina)のシミュレータで確認すると、
ボタンの位置が左下からの座標に調整されていました!

スクリーンショット 2014-08-18 7.18.17

Storyboardから配置したUIはこれで調整すれば大丈夫そうです!
しかし、コードから生成したボタンは良い調整方法が見つかりません…
引き続き調査を続けていきます!

Category:Development , Xcode     Tag:
Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project