プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

Android Studioのエミュレータが遅い!

2014.05.09 金曜日 07:43:11

HIRA85_gussurineteiruosuneko_02

前回Android Studioのエミュレータを作成しました。
Android開発者の中では、この起動の遅さは有名だそうですが、少し問題だと感じました。
そこで今回は、スピードアップする方法が無いか調べてみました。

エミュレータの速度を上げる

純正のエミュレータではなく、Intel製のものを使うのが開発者の中では定番の方法のようで、スピードアップさせることが可能だそうです。
手順としてはまず、ツール→Android→SDKマネージャー を開きます。

スクリーンショット 2014-05-07 10.36.53

続いて「Intel x86 Atom System Image」と「Intel x86 Emulator Accelerator (HAXM) 」をインストール。場所は以下を参考にどうぞ。

スクリーンショット 2014-05-07 10.39.02

スクリーンショット 2014-05-07 10.39.53

「Intel x86 Emulator Accelerator (HAXM) 」はSDKマネージャーからだとダウンロードのみ可能で、
インストールは手動で行う必要があるようです。
アプリケーションフォルダ→Android Studioを右クリック「パッケージの内容を表示」で下層が確認、
以下のディレクトリにある「IntelHAXM_1.0.8.dmg」をマウントしてインストールします。

スクリーンショット 2014-05-09 7.06.43

下がインストーラの画面です。

スクリーンショット 2014-05-09 7.07.57

エミュレータを作成

続いて、新しいエミュレータを作成します。
基本は前回のエミュレータ作成と同様の手順ですが、今回Intel製エミュレータを使用しますので、少し設定を変更します。

スクリーンショット 2014-05-09 7.18.46

CPUを「Intel Atom x86」に設定します。それからEmulation Optionsの「Snapshot」にチェック。
Snapshotを使うとスピードアップするようなので、今回は使ってみることにしました。

スクリーンショット 2014-05-09 7.19.05

次の画面にもSnapshot関連にチェックが入っていることを確認し、実行!

スクリーンショット 2014-05-07 10.54.16

多少は良くなったような…PCのスペックの問題でしょうか…
どうやら他にも、GPUを使ってレンダリングを行う等のスピードアップの方法があるようなので、引き続き調べていこうと思います。

今回参考にさせて頂いたサイトはこちらです。ありがとうございました!
Category:Android , Development , Mac     Tag:
Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project