プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

「ナゴヤVTuberまつり」が地方都市で開催できる意義とこれから

2019.10.22 火曜日 09:41:23

nagoya-vtuber-fes

中京テレビグループと共同出資で設立したXRエンターテインメントを始めて早1年余り、本当に色々な事を考え、実施してきました。2019年6月に中京テレビまつりの中で行った、ナゴヤVTuberまつりが大盛況などを受け、次の事をこの半年間ずっと考え続けてきましたが、クラウドファンディングで皆様のご支援を受け「第二回ナゴヤVTuberまつり」が開催できることになりました。

VTuberが地方で大規模イベントを開催できる意義

VTuberは東京一極集中で地方のVTuberも活躍していますが、東京とは全く市場規模もニーズも異なり、VTuberのイベントが無い・接する機会がオンライン以外に無いなど、VTuber格差も大きくなってきていると思います。VTuberの文化は確実に根付いてきているが、まだ地方都市ごとではまだまだニッチで一部の盛り上がりとなっています。

今回のクラウドファンディングで名古屋という地方都市で大きなVTuberイベントができるということは、今後のVTuber文化に対して、非常に意義があることだと考えています。

このイベントを支援していただいた方、当日訪れていただいた方、オンライン配信で見ていただいている方、演者様も含めて、関わった全ての方々に喜んでもらえるイベントにすることが次のステップに繋がりますし、地方都市型のVTuberの持続可能性の一つのロールモデルになれるような構造になりうるのではないかと思っています。

クラウドファンディングの次に目指すもの

クラウドファンディングでのイベントは、皆様のご支援や応援の気持ちを頂いて成り立っています。そういった事を踏まえて冷静に見ると、まだ、単純に第二回ナゴヤVTuberまつりが興行単体として成り立っているかというと、また別の話となります。私たちはクラウドファンディングのご支援を通じて築き上げたイベントを、次は興行として成り立たせる事を、その先の目標として追いかけて行きたいと思っています。

次を目指しながら、まずは開催させて頂くことができた、第二回ナゴヤVTuberまつりを全力でスタッフ・関係者一同、作り上げていきます。改めてご支援ありがとうございました。

ナゴヤVTuberまつり公式サイト
名古屋で日本最大級のVTuberイベント「ナゴヤVTuberまつり」を開催したい

Category:VTuber , WORKS     Tag:AR VR VTuber Vチューバー XR
Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

フェイスブック
ツイッター
インスタグラム
Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project