プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

第7期アイデアクラウド方針発表

2016.01.29 金曜日 23:48:08

アイデアクラウド
本日、全体会議を行い、全社員に第7期アイデアクラウドの方針発表を行いました。来春、オフィス移転が実施されるタイミングで会社も大きく変えていきます。ここまでのアイデアクラウドの振り返りと来期以降についてどのような考え方で会社を運営してきたか?これからどうなっていくのかを、まとめてみました。

第6期を振り返って

会社設立から6年目、創立から数えると7年目。制作会社としては比較的安定してきており、順調に推移はしているなと感じています。大きな変化としては営業が入社した事、これによって制作会社から一歩外に踏み出すきっかけになったと思います。

理念の言語化

会社の目標や行動指針を示す言葉として「つくる、その未来まで創る。」という言葉を掲げました。これはまだ社員には浸透しきってないかもしれませんが、弊社の姿勢、そして目指すべき方向性としてのゴールの旗印としての言葉として置いています。それを体現していくためにはどうしたら良いかというのを少しだけ考えるようになってきました。

プロジェクションマッピング事業が安定

ノウハウの蓄積と東海圏でのプロモーションが活き、比較的安定してお仕事が発生しつづけるという形になりました。これはWEB制作会社としては特異なことだと考えています。新しい事業はプラスオンとなり、会社の成長の一因となりました。

固定費の変動費化

基本的に全てを内製で行っていたのですが、一部案件については外部ブレーンとの連携も進んできました。人件費の変動費化が進み、会社としても柔軟にそしてキャパシティ以上の仕事が徐々にではありますが、確立してきています。

オフィス内・働く環境の整備

今まではWEB制作会社なのでと複合機がなかったり、個人の携帯を利用してもらっていたり、様々なところが曖昧だった所が整ってきました。次年度以降もオフィス移転などを含め働く環境は大きく改善の方向に向かっています。

色々とありましたが、反省点としては大きな目標、会社と進む方向性は示せたが、大きすぎてマイルストーンが見えず、今どのあたりに自分たちが居るのかが非常にわかりづらいという形になってしまっていたという事が一つ。そして増え続ける仕事に対応できず、プロダクションとエージェンシーの間で揺れ動く一年でした。

来期の目標と今後の指針

まずは立ち位置をしっかりと固めるということ、そして方向を定め、ゴールを決め、マイルストーンを起き、確実に日々ゴールに向かって進む。言葉にすると当たり前のことですが、これがしっかりと目に見える形で具体的に描けていなかったので、第6期は、進捗率や具体的にどこまでが達成できたのかが曖昧になってしまっている気がしています。それを来期はまずは確実に定めて、ゴールを達成するために動く体制の確立というところが一つ大きなポイントとなっています。

今年できなかったことは次の年に、今の状態が、一番改善されているという状況を目指して、来期以降も頑張っていきます。

Category:DAYS , WORKS     Tag:WEB WEB制作会社 制作会社 名古屋 経営
Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

フェイスブック
ツイッター
インスタグラム
Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project