プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

誰でも手軽に”測れる”Androidアプリ「HakaruAR」を発表。AR事業を本格的に再スタート!

2017.07.29 土曜日 11:49:06

hakaruAR

2017年7月25日(火)、GoogleのAR技術Tangoを利用し、様々な計測や空間の3Dスキャンなど、誰でも手軽に”測れる”Androidアプリ「HakaruAR」を、Google Playにて提供・販売を開始しました。そのアプリの発表を皮切りに、AR事業も本格的にスタートさせていきます。

HakaruAR(測るAR) | 誰でも手軽に「測れる」アプリ

なぜ今AR(拡張現実)なのか?

IT業界・広告業界の方々にとってARとは目新しいものでは無く、おそらく多くの人が一回死んだものと思っているものです。そこにまたリソースをかけていくという戦略を取ったたのは、Googleの「Tango」・Appleの「ARkit」とこの業界の大きな指標である2社が相次いで、ARの新技術を発表。それらを見ていくと、間違いなくイノベーションが起きると感じたからです。

アイデアクラウドの強みは素早くローカライズすること

私達の強みは新しい技術を日本の市場に合わせてローカライズし、価格を抑えて提供することだと考えています。残念ながら、まだ弊社にはGoogleやAppleのように自らイノベーションを起こすだけの力・体力・クリエイティブ性はありません。だからこそ2社の動きや世界のIT技術を見ながらそれらを活用して、国内にいち早く落としていくことを目指しています。

AR事業のサイト「AR開発とAR制作・企画 | 東京・名古屋 | 株式会社アイデアクラウド」はまだ立ち上げたばかりでもあり、それほどの集客効果はありませんが、ARが盛り上がってくるとともに大きな流れを作っていきたいと思っています。

AR開発とAR制作・企画 | 東京・名古屋 | 株式会社アイデアクラウド
HakaruAR(測るAR) | 誰でも手軽に「測れる」アプリ

Category:AR , WORKS     Tag:AR ARkit HakaruAR tango 拡張現実
Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

フェイスブック
ツイッター
インスタグラム
Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project