プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

各種ソーシャルメディアの運用方法のまとめ

2015.12.03 木曜日 00:23:44

social

WEB制作会社を営んでいるだけあって、日頃の研究をかねて、ソーシャルメディアをフルに活用しています。Facebook / Instagram / Twitter / Vineなどなど、とりあえず話に上がっているものは、全て登録して試しています。今回は日頃ソーシャルで悩んでいる方のために、私自身のソーシャルメディア活用方法をまとめたいと思います。

各ソーシャルメディアアカウントの連携と棲み分け

まず、ソーシャルメディアの各サービス一つずつ更新していると多大なコストがかかるため、基本的には一つのソーシャルメディアで発信すれば、全てのアカウントに同じ内容が流れるように設定しています。現在は話題に上りやすい、そして写真の加工が楽なInstagram経由で全てのソーシャルメディアを連携するという手段をとっています。ただし、すべてのソーシャルメディアを相互連携している訳ではなく、少し工夫しています。

Instagram → Facebook/Twitterへ同時連携
Facebook → Twitterへ連携
Twitter → 連携せず

となっています。

原則はInstagramで更新・記録を行い、FacebookとTwitterで拡散してもらう。Facebookは写真を入れず投稿する場合もあるので、Twitterのみに連携。Twitterへの投稿は覚え書き・走り書きのメモも多いため、友人や繋がっている人たちの、タイムラインを汚してしまうため、他のソーシャルメディアと連携していません。

用途や匿名か公開にもよって連携方法は様々。大事なのは役割の明確化

私は会社の長として、PRの為に基本的にソーシャルアカウントは実名で登録していますが、Twitterは気楽にやりたいから切り離してとか、Instagramは公開したくないので鍵をかけてなどなど、それぞれ目的によってソーシャルメディアとの付き合い方は全く異なると思います。大切なのは全部やる事では無くて、各ソーシャルメディアの自分に取っての役割を明確にすることで、連携方法は自ずと見えてくるはずです。自分に最も最適な連携を見つけて、無理無く簡単に発信しやすい体制を作る事が活用の第一歩だと考えています。

Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

フェイスブック
ツイッター
インスタグラム
Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project