プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

瞑想アプリについて調べてみました。

2016.01.02 土曜日 10:34:09

meisou

最近、考える事が特に多いのか、頭が膨大な情報に埋もれてしまって身動きが取れなくなってしまう事がありました。決断する事が多すぎて、決断を続けていくと徐々に濁ってくるというか、頭が曇ってくる感じがしました。

瞑想アプリに頼る

きっと修行されている方や、アスリートさんなどはこういった精神統一は集中すればできるのかもしれませんが、オフィスワーカーの自分には自信の精神コントロールは、なかなか難しいだろうと…、そして何事も効率化ということで、人の手で研究された「瞑想アプリ」を利用して精神コントロールを毎日の中に取り入れようと今回は瞑想アプリを調べてみました。

候補に挙がった瞑想アプリ

1.触る瞑想アプリ「Pause」

meisou1

瞑想って目を閉じて深く精神世界に入り込んでいくみたいな印象がありましたが、このPauseは、スクリーン上の泡!?をゆっくり動かして大きく動かしていき、そこに意識を集中させて、リラックスするというものです。

PAUSE by ustwo + PauseAble – Relaxation at your fingertip – YouTube

PAUSE

2.瞑想アプリの定番 Calm

meisou2

心を落ち着かせる、音やナレーションとともに、ナビゲートしてくれるというもの。ナビゲーションの声は英語となります。2分という短時間のコースもあり忙しい時には非常に良いかもしれない。

Calm

3.ヒアリングしてくれる瞑想アプリ Stop, Breathe & Think

meisou3

自分の状態をヒアリングしてくれる瞑想アプリ。今の気分や体調などをアプリで選択していってコースを決めていくという者です。音声のナビゲーションはこちらも英語になります。

Stop, Breathe & Think

とりあえず試しにPauseとCalmを導入

正直あまり精神世界の事は信じていないというのが本音ですが、多くの人が効果や成果を実感し日々習慣化しているというところを見ると、おそらくなにかしら得られるものはあるのではないかと思いました。一度試してみてまたこのブログにも成果などを書いていければと思います。

Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

フェイスブック
ツイッター
インスタグラム
Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project

詳しく見る