プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

Branding project vol.2「自分が何ができるか知ってもらうために」

2009.05.13 水曜日 23:56:42

branding2

至極当然の事ですが、仕事をする上で、相手に分かりやすく自分自身がどんな存在で
どんなメリットを与えられるかを示せる物が必要です。
それは名刺だったり、WEBだったり、作品や実績だったりしますが、
ちゃんと伝える事ができているのかと考えた時に、アイデアクラウドは
まだまだ足りていないのが現状です。

アイデアクラウドという抽象的な名前なので「何ができるの?」と聞かれる事が多かったため、
名刺の裏に業務領域を網羅したもの、オリジナルサービスの内容などを記したので、
直接お会いする方々には、何ができるかと言う所についてはクリアになりましたが、

「どのくらいできるのか?」といった所はまるでカバーできていません。
ましてや独立したてのフリーの身、大半の人はアイデアクラウドがどんな組織で
どんな事がどのくらいできるのかなんて全く認知は無い、そうであれば、
信用や実力などがはかれるわけが無いわけで…。

ではどこで信用や実力を測っていただくのか?可能性を考えてみました。

1.その時話した内容や受け答え、実際会っての印象などから
2.名刺のクオリティ(クリエイティブ職なので)
3.過去の実績(お会いしたとき提示できれば)
4.アイデアクラウドWEBのクオリティ(WEB中心の仕事をしているため)

上記のようなルートを考えると、今補うべき所、補えるところは
まだまだ未完成の4のWEBのクオリティ…。

WEBのお仕事を頂いていながらアイデアクラウドが今の有様では非常にまずいと
書きながら自分を戒めております。次回は制作会社、クリエイターのWEBには
何が必要かをまとめながら書いていきたいと思います。

photo by marfis75 under a Creative Commons license.

Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

フェイスブック
ツイッター
インスタグラム
Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project

詳しく見る