プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

半期が終わり、アイデアクラウドの”これから”を考えた。

2013.09.01 日曜日 18:04:44

今年も早いもので2月決算の弊社は上期が終わり、9月から下期にはいります。

丁度良い区切りということと、人もぼちぼちと入れ替わりが予定されていて、
今後の事を具体的に描いて行かないと、常に追いかけられてしまう状態になるため、
9月からはアイデアクラウドの”これから”をちゃんと計画建てて創っていきます。
 

アイデアクラウドのこれから

今回かつてないほどの仕事量で、前年比で言うと、ちょうど倍ぐらいの仕事をしていました。
体感ではなく、これは数字から見てもそうなっています。もちろん人数が増えているのもありますが、
倍になってはいなく、各作業者の成長率を踏まえても、ちょっと受けすぎてしまった感もあり、
自分も含めスタッフを疲弊させてしまっているなと感じています。

このまま無理に進んでも、待っているのは仕事はあっても会社解散なだけな気もします。
幸い多くのお仕事に恵まれ、会社としては安定している状態ですので、
9月からは、社内の制作体制の見直しと作業フローの整理、
仕事の効率化を掲げ、社内の改善と強い会社作りを行なっていこうと思います。
 

徹底的な作業改善と体質改善

時間を積めば、できるのは当たり前で、
最小の時間で、最大の効果をだせるような社内体制を作っていかないと、
増え続ける仕事に併せて人を入れるという対策をとってしまい、
クリエイティブの純度が薄まるという制作会社の一番悪いパターンに
はまってしまいそうなので、この改善を進める事を一つの大きな目標として
残りの半期を回していこうと考えています。

他社はどうやってやっているんだろうと非常に気になります。
うちはこうやって上手く行ったよ!なんて情報があれば、是非
FBかメールでこっそり教えてください。

photo credit: photosteve101,cc

Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

フェイスブック
ツイッター
インスタグラム
Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project

詳しく見る