プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

2018年に達成する100のリストを書き出しました。

2018.01.03 水曜日 21:10:31

lists

毎年恒例になってきている、その年のはじめに、達成したいこと、すべきことをまとめて書き出す、やりたいこと100リスト。2015・2016・2017年と引き続いて。今年も100個書き出してみました。昨年と同様に振り返りとともに、決意を込めて書き起こしておきたいと思います。

2017年の達成率は?

集計の結果、118リスト中、57リストを消化できました。2015 22/105、2016は46/103となっておりまして、リストの数だけで言えば最高の消化数となりましたが、パーセンテージで見ると達成率は50%を切っています。

当然、できることばかりでは無く、事業者ですので多少の無理難題はあるとはいっても80%は狙いたいところです。

反省点と2018年の戦略

反省点としては、長大なタスクについては、タスクを細分化しなかったことが上げられると想います。難易度が高いタスクについては、1日で意思決定できなかったり、叶えるために何ヶ月も準備が必要なものもあります。そういったものをただぶら下げているだけで、細かくステップ化せずに置いていることが、大きなタスクをいつまでたっても消化できない原因の一因であるということが振り返ってみるとわかります。

また習慣化系のタスクについては、ほとんどできていません。ここの部分については、面倒・時間がかかることは本当にやらないんだということが理解できました。習慣化したいことのメリットを考え、これをやればこれだけ便利になると深く意識して動くか、習慣化できない場合、ツールや方法を変えて別のアプローチを探るというのも一つだと想いました。ただの意志の力だけでは自分には不可能であることがわかりました。

2018はまず80%を目指す。

年々やりたいことが叶えられていっているため、どんどんと一つ一つのハードルは高くなっているような気がしますが、年々自分も成長しているはずなので、来年の今頃、満足ができる結果となるように、自分自身を追い込んでいきたいと思います。

Category:DIARY     Tag:100のリスト ToDo
Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

フェイスブック
ツイッター
インスタグラム
Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project