プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

jQueryを勉強しようvol.1「jQueryのraedy関数について」

2010.02.14 日曜日 11:54:45

今流行のjQueryを基礎からもう一度、やりなおそうと思っています。
本当に基本的な部分は理解しているので、jQueryの初期設定や読み込みなどはとばして、
関数的なところから追っていきたいと思います。

ready関数について

通常ブラウザはソースコードの上から順番に読んでいき、
head要素内のscript要素にbody内の要素のHTMLを操作する命令を買いても
まだscriptを読み込んだ時点で、HTMLが読み込まれていないので、
命令を受け取っても指示する部分が無く、思った通りに動きません。

このready関数と言うのはHTMLが読み終わった後に命令を実行すると言う関数。
これで、head要素に命令を記述してもHTML側も全て読み終わったタイミングで、
命令が実行されます。

記述例

$(document).ready(fanction(){
	ここに命令がはいります!
	});

ready関数は省略も可能で上記のコードと同じ意味を持ちます。

$(fanction(){
	ここに命令がはいります!
	});

表示前にアラートを出したい時とかは別ですが、
アニメーションを与えたり、HTML側のデザイン要素を指定する場合が多い
jQueryのスクリプトは、ほとんどの場合、まずready関数を記述すると覚えておきましょう。

Category:DEVELOP     Tag:javascript jQuery ready 基本 関数
Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

フェイスブック
ツイッター
インスタグラム
Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project

詳しく見る