プロジェクションマッピング

エンターテインメントから工業利用まで、プロジェクションマッピングの活用・運用をお考えの方へ

more

インタラクティブ&サイネージ

情報表示用のデジタルサイネージから、センサーを利用したインタラクティブ要素などをお考えの方へ

more

VR/360MOVIE

VRHMD用コンテンツからプラットフォームを利用した360度ムービーを活用したPRをお考えの方へ

more
CONTACT 052-253-9866

フリック入力を支援するキーボードアプリ「WordLight」

2016.01.17 日曜日 09:15:48

flick

普段スマートフォンでもガラケー打ちで基本入力しており、その姿を見られ時に、「IT企業の社長なのに、まだその打ち込み方してるの?」と突っ込まれることが最近良くあり、新しい技術をちゃんと習得していこうということと、なんだか時代に取り残された感がひどかったので、意地でもフリック入力してやろうと思い、フリック入力を支援してくれるキーボードアプリ「WordLight」を購入しました。

強制的に「WordLight」でフリック入力のみに

「WordLight」は標準のキーボードでは無く、独自のキーボードをiOS上で利用できるようにするアプリで、様々な機能がありますが、基本的にはフリック入力を覚えるということが目的なので、フリック入力を覚えるためにフリック入力のみとして、ガラケー打ちをシステム側から禁止にしました、また最初はかなりストレスなので、体で覚えるまでフリックキー周りの添字を表示させて利用しています。

flick2

フリックしかできないのであれば自然に覚える

導入して数日ですが、毎日使うため、徐々にフリック入力に慣れてきています。肌感だと1ヶ月〜2ヶ月くらいで完全にマスターできそうな気がします。フリックキー周りの添字は初心者にとっては、かなり心理的なストレスを無くしてくれます。こうして縛りプレイすることでレベルがあがるのは色々と共通しているような気がします。何事も継続と努力ということを何だか思い出させてくれました。

ワードライト – 日本語・類語キーボードを App Store

Authorブログの著者について
田中 義弘

田中 義弘

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、2010年3月に株式会社アイデアクラウドを設立。近年、WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をはじめとした先端事業をスタート。

フェイスブック
ツイッター
インスタグラム
Our Business
最近の記事
人気記事
Our Project

詳しく見る